B型肝炎とは

B型肝炎とは、HBVというウイルスに感染することで起こる肝炎の一種です。血液や体液による感染が原因ですが必ず発症するわけではなく、無症状であってもキャリアであるということはあります。キャリアのほとんどは無症状ですが、発症すると急性肝炎や劇症肝炎、肝臓がんなどになり、致死率は高くなります。特に劇症肝炎の致死率は8割近くにもなります。

病院B型肝炎は母子間で起こる垂直感染とそれ以外の原因で起こる水平感染に分けられ、性交渉や注射針の使いまわしなどが主な原因です。B型肝炎はかつて、予防接種での注射針の使い回しが原因で蔓延しました。他にも医療従事者の針刺し事故や、キャリアである母親からの母子感染などがありましたが、これらの原因に対する防止策がとられたことで、感染者は減少しました。しかし現在でも、性感染やピアスや刺青に消毒が不十分な道具を使ったこと、注射器を使いまわした薬物の使用などが原因で感染は起きています。また、日本では今までジェノタイプCのB型肝炎がほとんどでしたが、現在ではより症状が深刻化しやすいジェノタイプAの患者が増加しています。

ニュースなどでB型肝炎に関する訴訟を目にしたことがあるという人は多いと思いますが、これは国を相手取ったものです。当然全てのB型肝炎患者が、国に対して訴訟を起こせるわけではありません。ではどのようなケースで、国に対して給付金の請求や訴訟をすることができるのでしょうか。